前へ
次へ

骨髄バンクのドナー登録をしてみて思うこと

今年、骨髄バンクにドナー登録を行いました。
たまたま白血病になってしまった方のブログを拝見したことがきっかけでした。
なかなか条件に合う方が見つからないということで進行する病に怯えていた姿をブログで見て、自分でも何かできることは無いかと骨髄バンクにドナー登録をすることにしました。
実際にドナー登録をしてみると、そんなに甘いことではないんですよね。
もちろんデメリットもたくさんあります。
ただちょっとした出来心のような気持ちだけでドナーになることは出来ません。
人の命を救うのだという確固たる気持ちが無ければドナーになることは出来ないんです。
そして、ドナーになっても相手の病気がどうなったのか、そもそも誰に自分の骨髄が渡されたのかも知ることが出来ません。
手紙を頂くことも出来ますが、貰えないケースもあるそうです。
貰えない理由もさまざま。
本当に綺麗事では無いからこそ、今後も悩んでいくと思います。
いざ自分に声がかかった時に、ドナーとしての役割を全う出来るように。

Page Top